BLOG
虹🌈

最近は寒かったり暖かかったりして調子が出ない方が増えています
御多分に漏れず、私も元気が出ない日があります
でも、仕事を始めると、泣き声や笑い声に支えられて元気が出てくるのが不思議です
やっぱり子ども達からエネルギーをもらって生かされているんですね
小児科を選んでよかったと思える瞬間です
 
今朝はカーテンを開けたら、半円に綺麗にでた虹を見ることができました
まっすぐに上っているのを見たことしかなかったので、初めての経験かもしれないと興奮状態でした
  
山に登ったりして遠くまで見渡せる景色の中ではなく、家の窓からだなんて、あさイチの贈り物でした
 
今日も一日急に雨が降ることがありましたから、虹に会えた方もおられたかもしれませんね
 
小さなことでも「うれしい」と思える心のゆとりをなくさないように、今日も頑張りました
明日もみんなにいいことがありますように
by智子

2022年10月24日
台風がきます

昨夜から台風絡みの大雨が続いています。

今朝は北部九州上陸と報道されています。

 

道路が川になって沈んでいき、このまま大丈夫かと不安に陥り、移動もこわごわで冠水で動けなくなってしまった…

私は無事でしたが、土砂で不幸なことになった地区を、人々を、

5年前の豪雨を思い出します。

台風でない時も雨が強いとシーンが蘇ります。

 

準備しすぎはありません。

無理に移動しないで、安全を確保してくださいね。

by智子

 

 

2022年07月05日
ついに梅雨明け

今年は6/11〜6/28と2週間ちょっとの梅雨期間でした

記録が始まって以来の短さの様です

これから3ヶ月は暑い暑い日が続くのかと思うと、ため息ものです

熱中症には十分気をつけて、倒れない程度に遊んでくださいね

2022年06月28日
内科健診

5月、6月は健診の開始月です。

保育園、小学校と毎週水曜日の午前中はどこかにでかけています。

元気な子ども達に話しかけながらの数時間です。

学校や保育園の雰囲気や方針、先生方の雰囲気を知ることができるのも、私にとってはためになります。

反省したり、感心したり、いろいろですが…

 

今年は巻肩と姿勢が崩れている人が目立つようにです。

これも外遊びができなかったコロナ禍の弊害なのかもしれないと思ったりしています。

 

一生使う心と体です。

大事にしながら成長していって欲しいです。

 

2022年06月19日
入梅

今日は朝から水たまりを走る車の音が続いています。

カーテンを開けても、どんよりした空。

やっぱり雨です。

「傘の日」でもある6/11

傘にパラパラとあたる雨の音は急いでないときは好きです。

しばらくは雨の日が続くのでしょうね。

去年は6月中旬〜7月中旬が梅雨でした。

今年も同じ予想がされています。

雨の日は周りが見えにくくなります。

交通事故に気をつけましょう。

2022年06月11日
🌸桜🌸

3月の連休はオンコールが続き、19日㈯の朝に出勤して20日㈰は1日院内に缶詰で過ごし21日㈪の昼頃自宅に帰りました。

朝の薄暗い出勤時には気づかないまま通り過ぎていたのに、帰り道に桜が咲き始めていました。

川沿いの大学の桜に気づいた時に”春”を感じウキウキしました。

通り過ぎる市役所や裁判所の桜も開いてきていて、公園の桜の枝も少し張り出してピンクに染まり始めていました。

 

特に何もなかった足掛け3日の院内待機

それでも拘束されている緊張感で、たとえ1日の時でも、いつも疲れて帰っていましたが、この時は笑顔になれました。

帰り着いた第一声も”桜が開いてきてるよ‼”になるほどでした。

 

やはり、寒い冬から暖かい春に向かう自然は、夢を持たせてくれるもののようです。

今年の春がコロナに負けずに新しい門出を応援してくれるように願っています。

by智子

 

 

2022年03月27日
ガソリンスタンドの人からの学び

毎週水曜日は外回りをメインに仕事をしています。

お電話いただいた時に院内にいれば、通常と同じように診療をしています。

かかりつけに指定していただいている方のご協力もあって、今は何とか水曜日の行政からの仕事をこなしていけています。

 

午前中に出かけた所は駐車場が変更になっていて、短い距離ながら駐車場まで本当に狭い道を入っていくことになっていました。

おそるおそる進んで駐車場までは入れたものの、帰りに出す時に車体を擦りそうで、何度もやり直してすごく時間がかかってしまいました。

後続車もおられたのに、迷惑かけてしましました。

 

午後の早い時間の別の委託の仕事を終えて、書類を届けに午前中の場所まで戻ったのですが、下校時間とかぶっており、細い道を入っていく勇気がちょっと足りませんでした。

 

書類を届けるだけなので、さして時間はかからないはずだし…と甘い考えで、お隣のガソリンスタンドの片隅に置いてもらえないか聞きに行きました。

 

声をかけた方は、帽子をかぶった年配の方のようでしたが、お願いしている間も、顔を向けることもしていただけませんでした。

拒否を感じて諦めて、別の場所にお願いしに行き、運よく了承していただけたので、走って書類を届けて事なきを得ました。

 

帰りながら、私は自分の甘い考えを反省していました。

勝手に停めようとしたわけではなかったにせよ、同じような内容で嫌な思いをしていたのかもしれません。

 

そして、もしかすると自分も話しかけている人に不快な思いをさせている時があるのかもしれないと考えていました。

顔を上げて相手の様子を確認しながら話を聞くのは基本的な事です。

それが、忙しさやタイミングのせいにしておろそかにしていなかったかと…

 

気づかせてもらったのだから、今から気をつけようと心に刻みました。

いくつになっても学びと反省は尽きないようです。by智子

 

2022年01月26日
遂に立冬

10月中旬から、朝晩の気温がぐっと下がり、毛布や厚手のおふとんが登場しました。

服装も長袖になり、ジャケットを羽織る人が目立ってきました。

瞬間的に体がを縮めて力を入れてる事も多いようで肩こりやら腰痛やらが悪化してきました。

 

この時期は寒暖の差がまだあるので、風邪をひきやすくなります。

鼻水が出ると思ったら、口を開けて寝ていることが多くなり、朝声がガラガラという事態に陥ってしまいます。

 

うがいもマスクも大切ですが、体を暖かくして、美味しいものを食べて、ゆっくり寝るようにしましょう by智子

2021年11月08日
お気に入り

福津でお仕事を始めてから2年たちました。

土地の名前さえピンとこなかったのが、最近ではランドマークが言えるようになってきました。

 

今、気にしてるのは、平均月3回ある宗像急患センターのオンコールで院内に泊まらなければならない日の夕食です。

そして、帰宅しないので翌日の朝食&昼食も考えなくてはなりません。

とは言っても、コロナ禍で出歩いて食べることもできなかったので、ほとんどがお弁当でした。

 

お弁当を順番に買っては食べていましたが、さすがに3食続けると飽きてしまいます。

(もっとも、いつもお昼は私にはお休み時間がないので食べられずに仕事が終わってからガツガツ食べてることのほうが多いのですが…)

 

最近は小さめのパンにハマっています。

8cm角のミルク味のパンは時間がなくても頬張れるし、何もつけなくてもほんのり甘くて美味しい。

探してみたのですが、自宅の近くのマーケットでは見かけないので、オンコール泊まりの時の楽しみになっています。

(探し方に執念が足りない可能性はおおいにありますが)

それだけでは栄養的には問題ですが、時々ならいいよね〜と自分で決めこんでいます。(でも、週1回となると多いかな?!)

 

今月の3回目は来月の4回目にスライドしてるので、今月後半はお目にかかれませんが、来月の楽しみです。

買いに行ったときに売り切れていませんように…

ささやかなご褒美です。

 

秋は美味しいものが多い季節です。

皆さんはどんなごちそうを召し上がっていますか? by智子

 

2021年10月19日
お月見はできましたか?

「中秋の名月」って?

そういえば「どうしてそう呼ぶの?」なんて質問を個人的に受けることもなくなりましたが、6世紀ごろに中国から伝わった太陰太陽暦(旧暦)の7~9月が「秋」で、その真ん中の8/15を中秋と呼んだからです。

 

ちょうど空気も澄んで涼しくて、月も見上げるのにちょうどいい高さの季節だったはずなのですが…

最近は涼しくなっていないかも…

 

子どもの頃には、お団子やお芋、くだもの、ススキ、キュウリやナスに爪楊枝をさして馬のようにしてお供えをしてお月見した記憶があります。

お供え物はもちろんお月見の後に(?)食べさせてもらえて、それなりに楽しかったような…

 

十五夜は満月の事ですが、中秋の名月は満月とは限らないようです。今年は満月だったようで、あと2年は満月が続くらしいです。

 

晴れた夜の満月はほんとに明るくて、じっと眺めていると心も澄んでいくような気になります。

仕事終わりに外に出ると、晴れていれば月が見えます。

どの季節でも、月の光は素敵で、帰りながら眺めるのは疲れた心を穏やかにしてくれて、ひそかな楽しみになっています。

 

ちなみに

旧暦9/13を十三夜と呼び、今年は10/18㈪

旧暦10/10を十日夜と呼び、今年は11/14㈰

この「三月見」が全部晴れると縁起がいいそうですよ。

 

人との接触を減らしながらの生活が長く続いています。

忙しい日中が過ぎた後に、窓から、庭から、ベランダからお月見もいいかもしれないですね。 by智子

2021年09月23日