診療案内

一般小児科

赤ちゃんから小児まで、お子さんの病気や体調不良に対して幅広く診療いたします。気になる症状があったら、ささいなことでもお気軽にご相談ください。受診の際は、その症状がいつ頃から出ているのか、熱の有無、咳や痰の状態、食欲はあるか、おしっこやうんちの状態などをお聞かせください。スムーズな診察につながります。
一般小児科

このような症状がある時はご相談ください

□発熱
□鼻水、鼻づまり
□咳、痰
□呼吸がゼーゼーしている
□のどが痛い
□お腹が痛い
□嘔吐、下痢
□便秘
□発疹が出た
□食欲がなく元気がない
□顔色が悪い
□目やにがひどい
□赤ちゃんの泣き方がおかしい、ずっと機嫌が悪い
□けいれんが起きた

子どもの病気や症状について

風邪
子どもの病気として一番多いのは風邪です。鼻や喉、気管にウイルスが感染して炎症を起こし、発熱・くしゃみ・鼻水・咳・喉の痛みなどの症状が現れます。乳幼児の場合は、高熱となることも多いので、脱水に注意が必要です。水分補給をしっかりと行いましょう。ただし、発熱は体を守るための防御反応なので、解熱剤で熱を下げたからといって風邪が治る訳ではありません。水分と栄養をしっかりとって安静にしていれば、数日で自然に治ることが多いです。症状が長引く場合は、肺炎や気管支炎を併発していることがありますので、受診してください。
インフルエンザ
インフルエンザウイルスは、その年により流行する型が異なります。主な症状としては、急な高熱、全身の節々の痛み、頭痛、喉の痛み、咳、鼻水などです。普通の風邪より症状が強く現れます。インフルエンザと診断された場合、抗ウイルス薬(タミフル、イナビル、リレンザなど)を指示通り服薬していれば、ほとんどのお子さんは数日で熱が下がり徐々に治っていきます。しかし、まれに薬が合わなかったり、意識障害や脱水を起こす場合があるので、自宅療養の時はなるべくお子さんから目を離さず見守るようにしましょう。
気管支炎
風邪をこじらせて、気管支に炎症を起こし発症します。発熱、激しい咳、痰を伴います。苦しそうな呼吸をしているとき、水分が取れないときはすぐに受診してください。対症療法として、鎮咳薬、去痰薬、消炎薬、気管支拡張薬などを用いて、様子を見ます。細菌による気管支炎の場合は、抗生剤を用います。風邪をこじらせないよう、しっかり水分と栄養をとり、安静にするようにしましょう。
嘔吐下痢症
ノロウイルス・ロタウイルスなどのウイルスによる感染や、食中毒などの細菌感染が原因で、激しい嘔吐や下痢の症状が現れます。軽い発熱が伴うこともあります。細菌感染の場合は、抗生剤の治療が必要ですが、基本的には整腸剤などを服用しながらウイルスを体外に出してしまうしかありません。嘔吐が止まらず水分が摂れない場合は、脱水の恐れがあるので受診してください。重症の場合は入院治療となることがあります。嘔吐がおさまってきたら、少しずつ水分補給を始めます。食べられるようになってからは、消化の良い食べ物を与えて様子を見てください。
アデノウイルス
アデノウイルスに感染すると、38〜40度の高熱、のどの痛み・腫れ(咽頭炎)、目やに・目の充血(結膜炎)などの症状が現れます。のど・目の症状が出るものは、咽頭結膜熱と言われ、俗にプール熱と呼ばれているものです。夏に流行しますが、冬に感染する場合もあります。また、腹痛や下痢を伴うこともあります。ウイルスによる感染なので抗生剤は効かないので、対症療法で内服薬と点眼薬で回復するのを待ちます。のどが痛くて食欲がないときは、ゼリーやアイスなど口当たりの良いものを食べさせると良いでしょう。
溶連菌感染症
溶血性連鎖球菌という細菌に感染して起こる病気です。発熱やのどの痛みが最初に現れますが、腹痛や嘔吐、発疹を伴うこともあります。溶連菌感染症と診断されたら、抗生剤の服用が必要となります。薬を飲み始めて1〜2日で症状はおさまり元気になり、登園・登校も可能ですが、10日間(大人は7日間)しっかりと抗生剤を飲み切ることが必要です。急性腎炎やリウマチ熱などの合併症を起こすことがまれにありますので、再診は必ず受けてください。
RSウイルス感染症
RSウイルスというウイルスに感染して起こる呼吸器系の病気です。2歳までにほぼ100%の子どもが少なくとも一度は感染すると言われています。感染して数日の潜伏期間の後、発熱、鼻水、咳などの症状が出ます。ほとんどが、軽い風邪の症状で済みますが、月齢の低い乳児が初めて感染した場合などは重症化する場合があります。その場合、咳がひどくなり、ゼイゼイして呼吸がしにくくなって、気管支炎や肺炎を引き起こし入院が必要になることもあるので注意が必要です。
手足口病
手足口病はその名の通り、主に手のひら、足、口の中などに周辺が赤い小さな水泡ができる病気です。夏風邪の一種で、ウイルスに感染してから3〜5日くらいに症状が現れます。発熱は、微熱から高熱まで個人差があり、中には発熱しない場合もあります。抗生剤は効かないため、熱や口の痛みなどの症状を抑える薬を服用します。数日から1週間ほどで自然に治りますが、くしゃみや唾液などの飛沫感染のほか、便からの接触感染で大人もうつることがあるので、数日間はオムツ替えの時などは注意が必要です。
ヘルパンギーナ
夏風邪の一種で、発熱とのどに水泡ができて痛いという症状が手足口病に似ていますが、手足に発疹は出ません。急に高熱が出て、のどの痛みも長引く傾向にあります。ウイルスによる感染なので、抗生剤は効かず、対症療法で症状を抑える薬を飲みながら、落ち着くのを待ちます。のどが痛むため、食欲がなくなり水分も取りづらくなるので、脱水に気をつけて、しみないものや喉ごしの良いものを食べさせるようにしてください。
水ぼうそう
水痘帯状ウイルスからの感染によって起こる病気です。水をもった赤い発疹が、初めは少しずつ出始めやがて全身に広がります。その後、1週間前後でかさぶたになり、だんだんはがれて元の肌に戻ります。かさぶたになるまでは、かゆみが強く、熱を伴う場合もあります。かゆみ止めの塗り薬をかさぶたになる前の発疹に塗ってあげてください。また、かゆくて発疹を引っかいてしまわないように、爪は短く切っておきましょう。発熱しているときや、新しい発疹ができているときは、お風呂は体調をみながらにしてください。水ぼうそうは、定期接種となっています。1歳すぎから3歳未満のお子さんは公費接種の対象となります。
おたふく風邪
おたふく風邪ウイルスに感染すると、2〜3週間の潜伏期間の後、耳の下(耳下腺)やあごの下(顎下腺)の痛みと腫れが見られます。発熱はある場合とない場合と個人差があります。腫れは、だいたい左右ともに腫れますが、片方だけの場合もあり、こちらも個人差があります。痛みや熱を抑える薬や冷湿布などで様子を見ながら、1週間前後で症状が治まるのを待ちます。おたふく風邪ワクチンは任意接種ですが、接種したお子さんのほとんどがかからず、もしくは軽傷で済んでいるので、接種することをおすすめします。
麻疹(はしか)
感染力の強いウイルスです。10〜12日の潜伏期間の後、発熱、咳、くしゃみなどの風邪の症状から始まります。この時期に、麻疹と診断するのはむずかしく、その後一旦熱が下がってから再び高熱と同時に発疹が現れて、麻疹であると診断されることがほとんどです。肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症が見られる場合がまれにあるので、治るまでは再診は必ず受けてください。麻疹は、定期接種となっています。1歳になったら早めに1回目の接種を、就学前の年長児は2回目の接種を忘れずに受けましょう。
熱性けいれん
高熱により起こるけいれんで、生後6ヶ月〜5、6歳までの子どもの7%前後に見られ、決してまれではない病気です。熱性けいれんを起こした子どものうち約30%の子どもが繰り返す傾向にあります。通常は、5分以内にけいれんは止まり、脳に影響するということはほとんどありません。けいれんを起こした我が子を見るのは衝撃で、どうしたら良いのか分からないと思いますが、落ち着いて次のことに注意して、様子を観察することが大切です。

・顔と体を横に向けて、嘔吐したものがのどに詰まらないようにする
・口の中に何も入れない
・けいれんが何分間続いているか、体のどの部分がけいれんしているか、全身的なけいれんか、観察する
(動画があると説明しやすいかもしれません)

たいていのけいれんは5分以内に止まるので、夜中の場合などは翌日の受診で構いません。
けいれんが5分以上続くとき、意識が回復しないとき、一旦おさまって繰り返すとき、けいれんが左右差があるときは、心配なけいれんなのですぐに受診してください。

乳幼児健診

当クリニックでは、主に福津市の10ヶ月健診、宗像市の7ヶ月健診を予約制にて行っております。
お子さんの健康や発育のことなど、ご心配やお悩みなどもお気軽にご相談ください。
乳幼児健診

予防接種

生後数ヶ月を過ぎると、赤ちゃんはお母さんからもらった免疫が弱まっていき、病気にかかりやすくなってしまいます。予防接種に含まれている病気は、感染すると治療が難しかったり、後遺症が残ってしまったりする病気です。そのような事態を防ぐためにも、事前に予防接種を受け、病気に対する免疫をつけることが重要です。生後2ヶ月を過ぎたら、接種開始のタイミングです。近年、ワクチンの種類も増えており、同時接種のことやスケジュールなど不安なことも多いかと思いますが、生後1ヶ月検診を受けられる頃にご相談を受けております。
予防接種